June 30, 2019

June 21, 2019

Please reload

Recent Posts

独立記念日と地震

July 7, 2019

 

独立記念日の日は、南カリフォルニアでマグニチュード6.8の地震が起こり、震源地はラスベガスとロサンジェルスの間の砂漠地帯。ニュースを見ると被害は近くの町で火事が起こり、店の中の商品が棚から落ちたりしてしたが、軽いけがをした人数人で済んだようだ。そしてその翌日はもう少し大きな余震、マグニチュード7.1がほぼ同じ場所で起こり、地割れ、停電、断水がまだ続いている。

 

アメリカのテレビは、地震が起こっても別段、普段と変わらず番組を中断したり、地震情報のテロップが出てくるわけでもなく、たまたまニュース番組をやっていた地元のローカルチャンネルが、少しずつ騒ぎ始めたって感じで、日本のようにNHKがすぐに速報を流すこととかまったくなく、コマーシャル入りまくりで、「今、大きな地震がありました!」「スタジオも揺れました!」といいながら、ニュースキャスターがスマホを見ながら情報収集しながら、分かった事を知らせていくって感じで全然緊迫感が無い。震源地や地震の大きさを知るのはしばらく時間がかかった。地震の被害は震源地の周りのみで今のところ収まっているようだが、向こう2週間は警戒が必要との事だ。

 

話は変わるが、独立記念日の花火がとてもよく見えるルートを偶然発見! 4日の夜にオーストラリアから久々にLAに戻ってくる娘を迎えにLAX(ロサンジェルス国際空港)にロングビーチからパシフィックコーストハイウェイ(この道は略してPCHと呼ばれていて、メキシコからカナダまで西海岸沿いに走っている道で、途中サーフィンメッカのハンティングトンビーチや、サンタモニカなどを通るカリフォルニアでも有名な道)を北上して走っていたら、なんとあちらこちらの町の花火のスペクタクル! 地図を見ながらではないとうまく説明できないのだが、まずロングビーチのいくつかの花火を眺めながらそれぞれの街の花火が左右に広がっていく光景はとても良かった。

 

僕が住んでいるのはロングビーチで、会社はトーランス、ともにロスアンゼルス群の中にあるのだが、このLA COUNTY(COUNTRYではなくCOUNTYカウンティという)自体が結構でかい。人口も群としてはアメリカで一番多い。といっても994万人で、東京23区の人口とあまりかわらないのだが。

 

この群の中に市がいくつもあって、LA群には88ものCITYがあるとの事。 CITYの中には、お金持ちや高級ブランドの街で有名なビバリーヒルス市、ビーチで有名なサンタモニカ市、アメリカで一番大きな港のロングビーチ市、日本の大手企業が集まるトーランス市などがある。

 

トーランスはかって、トヨタや日産の米国本社があり、今もまだホンダなどのいくつかの有名企業が多くあったので、日本からの駐在員とその家族が多く住み日本の食文化が身近にある街なのだが、年々その勢いは失われていくような感じ。それでもトーランスは日本から勉強に来る留学生などにはアメリカ生活に入り易いのか、学生も多く、語学学校から次のステップに行くための短大もあり留学生にも人気が根強い街である。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Follow Us
Search By Tags
Please reload

Archive
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
Ocean Front Travel

438 Amapola Ave Ste 235 Torrance California USA 90501